外壁塗装の悪徳業者を見抜く方法

外壁塗装の悪徳業者を見抜く方法

外壁塗装の悪徳業者を見抜く方法

建築関係の業者には、良質な業者もいれば悪質な業者が存在していることも事実であり、外壁塗装の業者もすべて良質な業者であるとは限りません。外壁塗装は、外壁のひび割れや汚れ、黒ずみなどのトラブルを解消する方法ではありますが、素人の目から見ると、ダメージを受けた外壁に新しく塗りなおすことで、見た目をきれいにする作業のことと思っている人もいるようです。それゆえに、外壁塗装の悪質業者を見抜くのはなかなか難しいようです。

 

それでは、悪質業者は、どのような特徴があるのでしょうか。
ある日、突然家に訪問してきて、外壁塗装の業者であることを説明して、自宅の外壁について「無料でチェックします」と言って、早めに外壁塗装をしたほうが良いと言って、無理に勧めるような業者は、まず悪質な業者とみて間違いありません。このような業者は。会社からノルマを課せられていて、契約をしつこく迫ってくることがあります。点検商法とも呼ばれており、いかにも自宅の外壁塗装が劣化していることを伝えて、契約する気になるようにさせるなど、巧妙で悪質な手口を使うこともあります。

 

スムーズに契約できるように、「低価格で外装塗装します」「他者よりも値引きします」といって安価で仕事を請け負うような業者には注意が必要です。

 

本当に良質な外壁塗装の業者は、わざわざ自宅を訪問することはなく、良い業者であれば、お客様のほうがついてきます。

 

インターネットが普及して、今や外壁塗装の業者もネットで選ぶ時代となりましたが、ホームページの印象が良いと、この業者なら信頼できる!という錯覚に陥ることもあります。実際には外壁塗装の施工事例がほとんどないのに、写真を多数掲載していて施工事例が多いように見せかけたり、支店や営業所の住所は掲載してあるのに、電話番号が掲載されていない、または携帯電話番号のみが掲載されているような業者は、信頼性に欠けるので要注意です。

 

外壁塗装の業者によっては、見積もりを出しても、施工した後に見積もり所の金額と請求書の金額がかなり格差が生じるケースもあります。外装塗装に使う塗料や職人の質が低いのにもかかわらず、施工料金が高い業者もいますので、注意が必要ですね。

 

外壁塗装の手抜き工事の事例も多く、これを見抜くには、職人がケレンをしているかどうか、養生しているかどうかがチェックポイントになります。ケレンや養生といっても、言葉の意味がわかりづらいと思うので、ご説明しましょう。ケレンとは清掃のことを言い、外壁塗装の前には屋根や壁、鉄部などの清掃を行う必要があります。この工程を省くことで、剥がれなどのトラブルの原因となります。
養生とは、外壁塗装で塗料が飛び散ったり、隣近所に迷惑をかけることがないように、塗料をはみ出さないようにシートなどで覆うことを言います。

 

見積書と工程表をもらった段階で、外壁塗装の施工の内容について詳しく書かれていない場合は、注意が必要です。外壁塗装は、3回塗りが一般的であり、見積書や工程表などにこのような内容が記載されていない場合は、疑わしいので慎重に判断しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ